2018/03/17

インフォトップでネットビジネス始めるのがおススメの理由

副業・ネットビジネスに関する案内、おススメ、勧誘。
 
ブログでもFacebookでもTwitterでも、
あちこちありすぎて、
しかも、みんな一見もっともらしい事を言うので、
 
・誰の言ってる事が正しいか
・どの主義主張が正しいか
 
分からなくて困っていませんか?

<まず始めてみることが大事>

分からないから、確実に分かってから始めよう、
と言う人が多くいますが、
これは、ビジネスの考え方としては、典型的な間違い、ビジネスで稼げない人の発想です。
 
確実に稼げる、100%稼げる事しかしたくないのであれば、
パートでもアルバイトでも、
誰かに雇用されて給料もらって働くしか方法はありません。
今の日本では、これが「確実に稼げる」唯一の方法です。

そのような働き方が嫌でネットビジネスをするのであれば、
分かってから始めるのではなく、
始めてから、実践を通して学ぶ
と言う考え方が必要です。


<インフォトップに登録しよう>

それでは、手軽にネットビジネスを始められ、
信頼性の高い商材を利用する方法を紹介します。



こちらのインフォトップに登録し、紹介されている商材を利用しましょう。
 
なぜインフォトップがおススメか。
 
それは、インフォトップは、出店時に、厳しい審査を設けているからです。
再現性のない、詐欺商材は、インフォトップの審査に引っかかって出店できないのです。

さらに、一旦出店した場合でも、詐欺、稼げない、と言う情報が多数寄せられた場合、
インフォトップ側で、その商品を非承認にする事もあります。
(過去に事例有り)

ですから、インフォトップで長期間出店されている商品は、
それだけ信頼性が高いのです。

 
スポンサーサイト

続きを読む

2017/03/30

「スマホ1台で稼げる副業」本当にスマホだけで稼げるか?

最近ネットビジネスの案内を見ていると、「スマホさえあれば」「スマホ1台で」と言う文言がやたら目につきます。
あたかも「デスクトップは不要」「パソコンの知識とスキルは不要」と言っているかのようです。

でも実際にデスクトップ使っている人から見ると、デスクトップの方がずっと使いやすく機能的にも優れているのです。私の場合、メインはデスクトップでスマホは補助的な位置付けです。
本当にスマホさえあればデスクトップは不要なのでしょうか?

結論から先に言ってしまうと、「ネットビジネスで何をやるかによる」。やる事次第でスマホ1台で何とかなるものもあればデスクトップがないと不便なものまであります。

例えば、ある教材で言われている、「まずヤフオクで自分の要らなくなったものを売って10万円稼ぎましょう」「次にそのお金で書籍を買ってネットビジネスの勉強をし、読み終わった本はアマゾンで売りましょう」
のヤフオク・転売系。
ヤフオク・転売はスマホだけでも可能です。
必要な作業は登録、写真撮影とアップですが、これらはスマホ1台でできます。他に特に難しい知識やスキルも無いのでデスクトップが無くても問題ないでしょう。
なお本題から逸れますが、ここで謳われている転売は、本を在庫に抱えますが、仮に売れなくても自分の勉強用に引き続き(売れるスキルが身に着くまで)使えますし、無在庫転売のようにサイトの仕様が変わった途端に手法が使えなくなる心配がありません。出品数が限られる一方で転売サイトの仕様が変わっても使い続ける事のできる手法です。

次に、ネットワークビジネス(MLM)。最近、下記の米国大手旅行会社のMLMが大人気ですね。
 ↓↓↓こちら↓↓↓
旅するカフカバナー

MLMはスマホだけで出来るでしょうか?
これはリクルートの方法によります。TwitterやFacebook等のSNSで呼び掛ける方法であればスマホだけでも可能でしょう。しかし本格的なサイトを作って呼び込む方法の場合、デスクトップを使った方が様々なホームページ作成ツールが使えて便利です。基本的に、ソフトやツールを用いる場合、デスクトップ版の方が多機能で便利です。
MLM「旅するカフカ」の案件で「スマホ1台で」「スマホがあれば」と言う謳い文句で呼び込む人が少なくない中、私が軽々しく「スマホさえあれば」と書かないのは、MLM(ネットワークビジネス)はスマホだけでも出来ない事はないがデスクトップが使えた方が選択肢が広がるからです。

最後に投資系(FX・株)の場合。
投資系もスマホからも操作できますが、デスクトップの方が各種機能やツールが使えて便利です。私の場合、MT4と言うツールでFXを行っていますが、スマホからは指値・逆指値注文が出来ないのです。決済は成行、指値・逆指値のいずれもスマホから行えますが、注文はデスクトップでは成行、指値・逆指値が全て行えるのに対しスマホからは成行注文のみです。またスマホではエントリータイミングや決済タイミングを教えてくれるツールも使えません。
もっと言えば、取引に必要な経済情勢も、デスクトップでは1つの画面に出せるのに対しスマホではいちいち画面の切り替えが必要です。

続きを読む

2017/01/20

確定申告の時期になりました

さて、1月も下旬に入りました。
これから、会社で給料をもらってるだけの人には何の関係もないが、個人事業主や会社員でも副業している人にとっては非常に重要なイベントが待っています。
何か分かりますか?

そうです、確定申告です。

確定申告とは、前年(「前年」ではないので注意!)の収入、支出等を申告し、税金の額を決定する事です。
会社員の場合、会社が全て計算してくれる(例外あり)ので確定申告しなくてもよい場合が多いのですが、個人で収入を得ている場合、その分は自分で申告しなければならないのです。

私の場合、2016(平成28)年度はかなり複雑です。
1~6月は会社員だったので会社からの給与(税引済み、但し年末調整は未実施)でした。会社員を辞めるための収入の柱としてFXも行っており、この期間の通算は利益です(但し非課税限度額以下)。
7~12月は個人事業主として登録し、アドセンス広告、アフィリエイト広告による収入とFXによる収入の二本立てです。
FXは投資になるため、損益を分けて計算する必要があります。期間内の収支は損失ですが、この場合、確定申告する事で3年間は損失額を繰り越せ、翌年度利益が出た時の税額を抑えられるため、申告の必要があります。

なお、1~6月と7~12月は分けて考える必要があります。
7~12月分のみ申告した方が損失額が大きい、即ち翌年度の税金を減らす効果が大きいのですが、気になるのがFX口座が海外口座である事。
海外口座を使ってFXするのは何ら問題ないのですが、税務上の漏れ(脱税は論外で、申告漏れ)が発覚した場合、国内口座の場合に比べて追徴が厳しくなるのです。1~6月が利益だった以上、後々問題が生じる可能性はあります。なので、期間を分けて全て申告しようと考えています。税務署に終始データが渡っていれば、申告漏れを指摘される可能性はゼロですからね。

続きを読む

2016/11/04

FXで開業届を提出する場合の注意点

個人でネットビジネスを始めたら、税務署に開業届を出しましょう。

と言いますのも、日常生活の様々な手続き、契約において、職種を「会社員」とすればそれ以上何も突っ込まれる事はないのですが、「自営業」とした場合、

・開業届は出ているか(即ち、法律上の自営業者となっているか)?
・屋号は何か?

等々、様々な事を聞かれるのが普通です。
私自身、会社員と言う職種自体が一種の信用手形になっていると改めて感じました。その時、届け出があり屋号も決まっていると様々な契約時に何かと有利です。

ですが、開業届を出す時、注意すべき点があります。
私の場合、FXが実績を挙げた事で退職を決めたわけですが、FXで開業届を出すのは難しいです。
一般的にFXは会社員が副業として退社後の夜間に雑収入を得るために行うもの、と思われています。またFXはその時によって莫大な利益を上げる時もあれば大きな損失を被る場合もあり、収入が安定しません。
そのため税務署もFXをメインの事業として認可しにくい傾向にあります。

ではどうすればいいかと言うと、アフィリエイト・アドセンス・ネットMLM等のWEBサイト運営業も同時に開始し、「WEBサイト運営業」として開業するのです。その上で具体的な事業内容に
「WEBサイト運営」(アフィリエイト等の広告収入業を指します)と
「為替・株取引」を併記するのです。
こうすればまず問題なく税務署も開業届を受理してくれます。
 

続きを読む

2016/11/04

弱め度数の眼鏡を用意しよう、コンタクトレンズはダメ!

筆者は目が悪いです、ものすごく目が悪いです。

裸眼ですと両眼で0.03、右眼だけだと0.01しか見えません。
当然ながら、普段から眼鏡をかけて視力矯正して生活しています。

さて、ネットビジネスでブログ書いたりFXチャートに釘付けになったり、少し離れたかと思うとまたPC画面の前に戻って、の生活では、目を酷使します。
通常使う眼鏡は遠くを見るのに必要な度数に合わせて作ります。その眼鏡でPC画面を見続ける生活をすると目が非常に疲れる上、近視がどんどん進行する原因にもなってきます。
近視の度数が弱ければ遠くを見る時だけ眼鏡を使用する事も可能ですが、筆者のような度近眼は裸眼ではPC画面もまともに見えないのでそうもいきません。そんな時、弱め度数の眼鏡を用意しておくと便利です。
弱め度数なので遠くは若干見えにくくなりますが、近くを見るには十分ですし、目がかえって疲れずに済みます。

なお、強度近視の場合、コンタクトレンズの使用を勧められた方もおられると思います。コンタクトレンズは眼鏡と比較すると、
・強度数でもものが小さく見えずに済む(眼鏡は強度数になればなるほど実際よりものが小さく見える)
・フレームが邪魔しない分、視野が広くなる
と言うメリットがあります。
しかし半面、眼球の上に直接レンズを乗せるため、目の負担が大きくなります。PC画面を凝視する時間が長く、FXの場合、夜間も動いて生活リズムが不規則になりがちなため、コンタクトレンズの使用はお勧めしません。外出時にコンタクトレンズを使用される方も、ネットビジネス、特にFXは眼鏡で実施される事をお勧めします。

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
・自分が行っているビジネスの紹介
・ビジネスをする上で気を付けたいこと
・日常生活での気付き
 
など、随時アップしていきます。
 
連絡先・おすすめもチェックしてみてください。