2018/07/12

コミット法で高額商品を売るコツ

高額商品をガンガン売れたら、一気に収入が増え、
「月収100万円」と言う、
いっけん高く見えるハードルも、あっさりクリアできますよね。

ここでは、「コミット法」と言う、高額商品を販売する時に向いている手法・コツを書いていきます。


<そもそも「コミット法」とは何か?>


「コミット法」をご存じない方のために、簡単に説明しておくと、

ネット広告やブログ、SNSなどで集客し、販売(クロージング)は、リアル対面で行う手法です。

販売時に、相手と直接会うことがポイントです。
ですから、ネットだけでビジネスしたい方や、ネットだけでできることを前面に出したビジネスコンテンツの販売には、
いくら高額であっても、向いていないことは、あらかじめ押さえておきたいところです。


<「高額商品」の定義は何か?>


いくら以上の商品が「高額商品」か、ですが、これは人によって感じ方が変わってきます。
10万円以上が高額と言う人もいれば、30万円以上が高額と言う人もいます。

明確な金額の定義はありませんが、
・恋愛コンサルタントや、
・手相や占星術的スピリチュアル系の人生相談など、

一般的には、その場ですぐ買わず、
少し考えてから買うような商品が該当します。


<高額商品の買い方は、日用品とは全く異なる>


高額商品を売る時に、いちばん気を付けなければならないのが、
消費者の購買行動、商品を選ぶ基準が、低額商品(日用品)とは、全く異なることです。


これを知らずに、スーパーの商品を売る感覚で高額商品を売ろうとしても、全く売れないので注意が必要です。

低額商品、日用品は、ものがよければ売れます。
一方、高額商品は、商品自体よりも「誰から買うか」が強く意識されます。

つまり、いくらいい商品であったとしても、売っている人が信用できなければ、買ってもらえないのです。


<見た目で8割、売れるかどうかが決まる>


高額商品を対面で売るなら、売り手の外見、見た目で、8割、売れるかどうか決まってきます。

「外見で人を判断するな、人でものを判断するな」
と、子供の頃から、さんざん言われてきたと思いますが、
それでも、見た目で人を判断するのです。

高額商品になればなるほど、ある種の反道徳的な基準で、人は選んでいることになります。
(「人はネットビジネス商品を、反道徳的な基準で選ぶ」も参照)

しかし、選考基準は反道徳的であっても、道徳的な人の方が、買ってもらいやすいのも明らかです。


<愛ある情報伝達が売上に直結する>


高額商品は、商品自体よりも人で判断されます。
ですから、商品自体は、あまりに悪くない限り、売り上げには影響しません。

売り上げに直結するのは、事前の情報伝達のしかたです。
と言うのも、ネット集客してから対面販売ですから、
対面販売までもっていく、ネット集客の段階で、直接会ってもいいと思わせることが重要になってきます。

プロフィールの写真、言葉づかい、文章の書き方、これらすべてを徹底的に意識する必要があります。

ポイントは、たとえ実績のない初心者だったとしても、プロの顔をすることです。
人は、権威性に弱いので、権威性を作り出すことが売れるコツです。

また、「ネットビジネスしています」のような、ばく然としたプロフィールよりも、
「アフィリエイトのコンサルしています」「恋愛コンサルしています」
と言った、
具体的なプロフィールにした方が、買い手に、何をやっている人か、伝わりやすいです。


<高額商品を売る時に必要なマインド>


高額商品は、誰でも売ることができます。

自分はできる、とポジティブに考えて行動することがポイントです。
人は、ポジティブな感情の時しか買わないので、ポジティブな感情で接する事が大切です。

あなたがネガティブだと、それが相手に伝わって、
相手もネガティブな感情になってしまいます。

「自分にも売れるのだろうか」と言った気持ちを断ち切ることが必要です。

また、ビジネスは価値の提供です。決して、自分都合で発言や行動してはいけません。
 
スポンサーサイト

続きを読む

2018/07/11

ビジネスで失敗しないお金の使い方

ビジネスで成功しようと思ったら、お金について正しい知識を持つことは絶対に必要です。
その上で、正しいお金の使い方をして、初めてビジネスがうまくいきます。

お金を稼ごうとする人が、お金の勉強もしないのは、
海外旅行に行きたいのに英語の勉強をしないのと同じくらい、奇妙な話です。


<お金の本質とは>


まず、お金とは本質的にどういうものなのか、説明します。

過去記事、「 お金について真剣に考えてみた 」でもお金の話をしましたが、
今回は、さらに掘り下げます。

①、お金はエネルギーである

まず、お金はエネルギーである、と言うことです。
紙幣や硬貨は、いずれも、エネルギーであるお金を目に見える形で表したものにすぎません。

エネルギーですから、絶えず動かし続けるのが健全です。
川の流れがきれいでも、その川から水をくんで放置すると、水が腐ってくるように、

お金も、1ヶ所に貯めて動かさないままだと、不健全な存在へと変わっていきます。

たえずお金を回し続ける人のところに、お金は集まってきます。

②、お金はきれいなものでも汚いものでもない

日本人には、お金に対して汚いイメージを持つ人が多いですが、
お金自体は中立で、
きれいなものでも、汚いものでもありません。

むしろ、お金は交換ツールで、価値を提供した、対価として受け取るものです。

お金がきれい、お金が汚いと言うのは、
そういう言葉を発する人の心がきれいか、汚いか、を表しています。

即ち、心がきれいな人は「お金はきれい」と言い、
心が汚い人は「お金は汚い」と言っているのです。

③、幼少期のトラウマ、お金との思い出が、お金に対するイメージを決める

その人のお金に対するイメージは、大抵、幼少期に体験で決まってきます。

例えば、幼少時代に父親が仕事でほとんど家庭をかえりみず、
母親や祖母が、家庭内で父親の働き方に対する不満をもらしていた場合、
子供は、お金(や仕事)に対して、マイナスのイメージを持つことがあります。

ほとんどの場合、
その人のお金に対するイメージは、潜在意識レベルで決まってきます。

なかなかお金が稼げない人は、幼少期の体験が原因で、
無意識にお金を遠ざけているのです。



<お金持ちになる3つのルール>


①お金に対して罪悪感を持たない

当たり前の話ですが、お金に対して罪悪感があると、無意識のうちにお金を遠ざけてしまいます。
どうしてもお金持ちになれない、お金が稼げない人は、
潜在意識レベルにある、お金に対するイメージを書き換える必要があります。

潜在意識の書き換え方については、
潜在意識を書き換えてお金を圧倒的に引き寄せる法則とは! 」で説明していますので、
そちらをお読み下さい。

②自分の年収は、自分で決める

自分がパッと思い描く年収が、自分が快適に感じる年収です。
この年収は、潜在意識レベルに刷り込まれているため、達成するのはそれほど難しくありません。

一歩で、ばく然と「年収1000万円」を唱えても、
自分にとっての根拠がないと、達成するのは困難です。

③スキルに自己投資せよ!

稼ぎたいと言いながら、これをしない人が本当に多いですが、
本気で稼ぎたいなら、ビジネススキルに対して、数千円、数万円で済むレベルの投資は、
迷わず積極的にした方がいいです。

もちろん、本気で学びたい人は、数十万円レベルや、1件で100万円以上するコンサルにも、
積極的に投資しています。

お金はエネルギーで、お金を動かす人のところに集まる性質があるため、
自己投資できない人のところには集まらない(すなわち、稼げない)のです。


<行動できる自分になれる、魔法のワーク>


行動できない人が行動するには、
何か、めちゃくちゃ強い動機、理由が必要です。

そのための、魔法のワークを、簡単に紹介します。

それは、30分間、自分の動機を200個書くことです。
ポイントは、
パッと思い付いたことはすべて書くこと、
手を休めずに書き続けることです。



<学校では教えてくれない、お金の使い方>


学校では、詐欺に遭わないよう気を付けましょう、と言う教育はなされても、
お金の原理原則にもとづいた、支払の法則や、稼ぎ方の話は、一切教えてくれません。

例えば、返金保証のない話には注意しましょう、とは教わっても、
返金保証がついたスクールには、質の低い人が集まりやすいが、
返金保証のついてないスクールには、質の高い、稼ぎたい意欲の強い人が集まる、
と言った話は、一切教わりません。


・返金保証なし
・権利収入
・海外の案件
・みちょぱ

これらのキーワードは、学校や消費者庁は、詐欺に気を付けろキーワードとして教えますが、
実は、質の高い稼げる案件の集まっているキーワードでもあります。

これらキーワードに手を出して稼げないとか騙されたと言う人は、
そもそも稼げる思考回路をしていない可能性が高いです。

(参考:「 稼げるマインドと稼げないマインドの驚くべき違い 」)

ビジネスで成功するために大切なお金の使い方は、

・投資やメンターに、まずお金を使う先払いの原則
つまり、お金が出来たらコンサル教わります、ではなく、
お金を稼ぐために、まずコンサルを先に教わる
、この考え方が必要です。

また、段階の世代や、その両親の世代の考え方である、
大企業は安定とか、
同じ会社に定年まで勤めるとか、
そんな考え方をしていたら、10年後には生活できなくなります。

それが、今の日本の現状です。
ですから、スキルへの自己投資は、絶対に必要な時代です。
 

続きを読む

2018/07/10

潜在意識を書き換えてお金を圧倒的に引き寄せる法則とは!

ビジネスで成功するには、

①心理学(潜在意識、マインド)
②集客・営業・販売といった、マーケティングのノウハウとスキル


の2つが、ともにそろっている必要があります。
しかも、ざっくり言って、

マインド7割、スキル3割

で、マインドの方が重要性が高いのです。
ですから、いくらノウハウやスキルを身に着けても、マインドが備わっていないと、まったく稼ぐことができないのです。

ここでは、潜在意識を味方につけて、ビジネスで圧倒的に成功する法則を説明していきます。


<脳の構造に基づいた「引き寄せの法則」とは?>


「引き寄せの法則」はご存知でしょうか?
自分が思ったこと、イメージしたことが現実になる一方、
イメージできないことはかなわない、などと言われている、あの法則です。

しかしこれには、落とし穴があります。
それは、脳は、一度に1つのことしかフォーカスできない、というものです。

例えば、あなたがビジネスで成功しようと思っていても、
・おなかがすいた
と思いながらネットサーフィンしていたら、食べ物のバナー広告は目にとまっても、
ビジネスで成功するための方法が書かれた記事の内容は、覚えていないのです。

このような心理状態のときに、いくら成功の法則を読んでも、
成功のイメージを引き寄せることはできないのです。


<結果が出る人と出ない人のちがい>


それでは、次の質問をします。
ビジネスで、すぐ結果が出る人と、いつまでたっても結果が出ない人のちがいは、何が原因でしょうか?

多くの人は、ここで、
・行動しているか、行動していないか
・決断力、スピードがあるか
・成功者に言われたことを素直に聞いて実行しているか
・惜しまず自己投資しているか

などを理由にあげます。あなたも、そうかもしれません。

しかし、これらの理由は、ほんの表面的なものにすぎないのです。
いちばん重要なのは、
・記憶しているか、記憶していないか
なのです。

例えば、あなたが、自分の目標として、年収1000万円の自己イメージを持ったとして、
いつも、このイメージを持っているでしょうか?

多くの人は、残念ながら、目標とする自己イメージを、すぐ忘れてしまいます。
しかし一方で、成功している人は、例えば歯を磨いている間も、
ビジネスで成功することを考えています。

結果が出るのが早い人は、目標のイメージを思い返す回数が、多い人です。
誰でもできる、イメージを思い返す回数を増やす、いい方法があります。

それは、アウトプットする回数を増やすことです。
アウトプットを増やすことで、記憶が定着し、成功のイメージを思い返す回数も自動的に増えていきます。

このアウトプットとは、例えば、セミナーで聞いた話の内容を、
Facebookに投稿してみるとか、
よく似た他人の投稿にコメントを返す、と言った、些細な行動です。

このような小さな行動の積み重ねが、大きな結果のちがいになって現れるのです。


<潜在意識を活用する5つのポイント>


①そもそも、潜在意識とは何か?

潜在意識は、無意識ともいいます。
人の意識は、自分が自覚できる意識と、自分が自覚できない意識に大別されます。

このうちの、自分が自覚できない意識が潜在意識です。

人の意識の95%は、潜在意識によって占められると言われています。
そして、人の行動のほとんどは、潜在意識によって支配されています。

あなたの潜在意識は、単にあなたが思い出せないだけで、
あなたの過去から現在までのすべての経験を記憶しています。

②潜在意識の、知られざる本当の仕組み

このような恐ろしいほどの記憶力のある潜在意識ですが、その使命はたった1つです。
それは、その人の命を守る。

たったこれだけです。

しかし、そこには、変化を恐れ、あなたを今まで通りの状態に保つ、現状維持機能が備わっています。
この現状維持機能があるため、
例えば、あなたの現状が年収300万円だったとすると、
年収300万円の自分のイメージが、あなたの中にでき上がっています。

このイメージがある限り、あなたが年収1000万円を目標にしても、決して成功することはないのです。
なぜなら、年収300万円が年収1000万円にかわることは、
あなたの環境が変化することになり、
現状維持できなくなるからです。

しかし、潜在意識の中にあるあなたのイメージを、年収1000万円にかえることができれば、
勝手に年収1000万円は実現できてしまう
のです。

なぜなら、人は、無意識の中にあるセルフイメージと100%一致した方向にしか進めないからです。

③全くのゼロから、たった1年で年収を10倍にする方法

今から紹介する方法は、
日本一のトップマーケッターである、神田昌典さんという方も実践した方法です。

それは、
夢や目標を紙に書く
というものです。

たったそれだけ?
と思われるかもしれません。

しかし、イエール大学の調査結果では、夢や目標をいつも紙に書いた人と、そうでない人で、
20年後の年収に、20倍の開きがあった、というデータも出ています。

それでも、この方法をすでに実践しているが、いつまでたっても結果が出ない人もいます。
そういう人は、紙に書く時の書き方がまちがっているからです。

正しい書き方は、
・できるかどうかは考えずに書く
・思いついたら、あれこれ考えずにすぐ書く

です。

例えば、

・目標年収600万円
(パッと出てきた数字が600万円であるなら、そこで1000万円と書いてはいけないのです)

・FXやブログで、リアル営業しないで達成したい
(FXは投資じゃん、というツッコミは、無しです)

・六本木はちょっと違うかな、品川か大崎に引っ越す
(東京、のような漠然としたイメージしかないなら別ですが、具体的なイメージが出てくるなら、なるべく細かく書きます)

・2020年までに東京で大地震起きるので、それより後に引っ越す
(そういうイメージがあるなら、書いてしまっていいのです)

このように、あれこれ考えずに書いていきます。
 

続きを読む

2018/07/05

人はネットビジネス商品を、反道徳的な基準で選ぶ

「人を見た目で判断してはいけない」
 
子供の頃から、このように、学校で繰り返し教わったはずです。

ところが、ネットビジネスのノウハウ商材やコンサルコース、ビジネス塾を売る時には、
買い手に対して、この道徳的な価値観を期待してはいけないのです。


<ビジネス商材は、コンテンツよりも人で選ばれる>


あなたは、いい商品を作ったり、
いい商品をアフィリエイトすれば売れると思っているかもしれません。

残念ながら、そうではないのです。

私のような例外も中にはいますが、多くの人は、
ネットビジネスの商材は、コンテンツの中身よりも、売ったりアフィリエイトしている人を見て、
価値を判断し、買う買わないを決めているのです。


これは見た目で、あなたや、あなたの扱っている商品を判断したことになり、
道徳的に反した行動です。


ですから、あなたが、
「世の中の多くの人は、何て失礼な考え方をしているんだ!」
と憤る気持ちは、よく理解できます。

しかし、あなたが道徳教育ではなく、ビジネスをしたいのであれば、
多くの人が持つ、買う買わないの判断基準で、「あなたから買いたい」と思わせるより他ないのです。


<初心者より成功者から、買いたいと思われる>


人は、自分が失敗するのを避け、確実性を求めようとします。
ビジネス商品を買ったりコンサルを受ける時も、
確実に稼げる方法を求めます。

あなたが初心者であれば、多くの人は、あなたから買いたいと思わないでしょう。
一方で、あなたが既に成功しているのであれば、あなたの言う通りにすれば稼げると、多くの人は判断し、
あなたから買いたいと思うでしょう。

それでは、あなたがまだ多くの実績を出していないのであれば、
多くの人は成功者に流れ、あなたが扱う商品は見向きもされないのでしょうか?

実は、決してそんな事はないのです。


<初心者か成功者かは、見た目で判断される>


ビジネス商品を買う時、多くの人は、見た目で判断すると書きました。
と言うことは、あなたが初心者か成功者かの判断も、

あなたの実績ではなく、見た目であなたを判断すると言うことでもあります。

つまり、あなたがまだ1円も稼いだことのない初心者だったとしても、
見た目が成功者であれば、多くの人は、あなたからビジネス商品(アフィリエイト含む)を買うのです。


ここであなたは、自分がまだ大した実績も出していないのに、
一流の成功者のように振る舞うことに対して、
ためらいの気持ちを感じたかもしれません。

しかしよく考えてみてください。
そのためらいの気持ちは、どこから来るのでしょう。何が原因でしょう。
 

続きを読む

2018/06/30

TTP(徹底的にパクる)の考え方、パクる相手の選び方

ネットビジネスで成功したいのであれば、成功者をTTP(徹底的にパクる)のが
いちばんの近道です。

これは、多くの人が書いていることですが、誰をTTPすればよいか、
ほとんどの人は、この疑問に答えたようで答えてません。
 
と言うわけなので、この記事中で、パクる相手探しのやり方を書いてみようと思います。


<いきなり一流の真似はできない>


言ってることが矛盾するようですが、最初から一流の行動を真似ようとしない方がいいです。

と言いますのも、
一流から学んだり一流の真似をしても成功しない理由
ネットビジネス成功のコツ:一流を体感し二流から学ぶ

でも触れたように、初心者がいきなり一流の真似をしたくても、
環境も違えば、ビジネスに対する心構え、マインドも違う。
何もかもが違いすぎて、真似できないのです。

私は、2014年(この記事を書いている時から4年前)に、
大谷正光さんと言う、ブラック企業のどん底社員から、ネット起業して、
時間とお金の両方の自由を手に入れた、成幸者を真似しようとしましたが、
手も足も出なかった苦い経験があります。

理由は簡単で、その時点で、私と大谷さんの実力差がありすぎたからです。

しかし、いきなり全て真似できなくても、いいのです。


<真似できるところだけでも、真似する>


一流の真似をすべてできない時、考え方は、2通りあります。

・一流に学んでいる二流の真似をする
・一流のうち、真似できる部分だけ真似する


実際のところ、どちらの考え方をとっても、結果的に
「一流の一部を真似した」
ことになります。自分のやりやすい方を選べばいいと思います。


<SNSは、プロフィールの作り方だけでも真似する>


Twitterプロフィール例

すべて真似できなくて一部だけ真似する時、ポイントがあります。
それは、
TwitterやFacebookのようなSNSを用いている場合、プロフィールの作り方だけでも徹底的に真似する
ことです。

と言うのも、
ネットビジネスに興味を持った人が、
SNSでネットビジネスの商材やコンサルコンテンツを買う時、
コンテンツの中身よりも、プロフィール、どんな人か、を重視して選ぶ傾向があるからです。
(例外は、私くらいです、笑)

プロフィールがしっかりしているだけで、投稿の中身がある程度(あくまである程度、ですよ)薄くても、
人はあなたの提示したURLから、商材を買ってくれるのです。

反対に、投稿の中身がいくらいい内容でも、プロフィールが薄っぺらいと、人は、
買うと言う行動を起こさないのです。

ですから、プロフィールだけでも、

・ヘッダー画像の色合いや、文字のいれ方
・プロフィール写真の撮り方(特に目の表情と目線の方向が重要)
・プロフィールの文言(暗い過去と明るい現在のギャップづけがポイント)
・ブログやLPあるなら、リンク貼る


これらすべてを徹底的にパクリましょう。


<自分のアカウントをブロックする人は、TTPの対象にならない>


Twitterリツイートブロック
Twitterブロック

私もよく経験がありますが、成功者の考え方の中で、
自分の価値観や購買行動様式と異なっている時、
それをSNS上で指摘したら、いきなりアカウントをブロックしてくる人がいます。

ある時は、そのアカウントのプロフィールの真似をしている途中で、ブロックされました。

ここで少し考えたのですが、この人は、私がTTPする対象の人ではない、と。

と言うのも、購買や行動のモチベーションは人それぞれですから、
必ずしも成功者と一致しているとは限りませんし、一致している必要もないのです。

それを書いただけでブロックすると言うことは、その人は、他人の批判(と言うより、単なる違いの指摘)も
受け入れられないほど、悪く言えば偏狭な人となります。

もし、自分がその人をTTPしようとするなら、その偏狭さ、ブロックの仕方も真似しなければならないことになります。

一方で、成功者の中には、よほど執拗な攻撃や中傷してこない限り、ブロックせずにただスルーするだけ、
と言う人も多くみられます。

スルー型の成功者には共感できるが、ブロック型の偏狭さだけはどうにも受け入れられない、と言うのであれば、
価値観の合わない人をTTPしない方が精神衛生上よく、
また、長続きするのです。


「月商800万円のブロック型よりも、月商400万円のスルー型を真似ろ」

考え方、振る舞い方に共感できる成功者をTTPすることが何にもまして重要です。
 

続きを読む

2018/06/27

交流会に参加してビジネスで稼ぐポイント

全国各地で開催されている、交流会をうまく利用すると、
自分のビジネスの売り上げを大きく伸ばすことができます。

ここでは、ビジネスの売上を伸ばす交流会選びから、
交流会での話す内容についても、ポイントを説明します。


<交流会参加の目的とは>


ビジネス目的の交流会と言うと、すぐに自分の商品を売ろうとする人が多くいます。
しかし、これではうまくいきません。

そもそもの話、自分のビジネスにつなげるだけが、交流会に参加する目的ではありません。
他にも、
・人脈を広げる
・コミュニケーション能力を高める

交流会には、このような効果もあり、それが主な目的で参加する人だっているのです。

また、ビジネスにつなげる目的はあっても、その場でビジネスする事は、交流会の目的ではありません。
(ビジネス勧誘を禁止の交流会も多いです)
あくまで、交流することが交流会の目的と考えてください。


<交流会の選び方・探し方>


CIMG0479-2.jpg

当たり前の話ですが、交流会は、選び方、どの交流会に参加するか、が、いちばん肝心です。

交流会を自分のビジネスにつなげたいのであれば、
ビジネスつながりになりそうな交流会に参加する必要があります。

正直なところを言うと、参加してみなければ、交流会の雰囲気は分かりません。
ですが、ある程度の目安はあります。

「ビジネス交流会」と名の付く交流会の場合、既に自分のコンテンツを持っている人の参加が多いです。
ですから、参加すれば、必然的に、自分のコンテンツを持っている人とつながることになります。

これと対照的に、友達作ろう交流会の場合、これから起業しようとしている人、ネットワークビジネス(MLM)をやっている人の参加者が多いです。

交流会の探し方は、「交流会 東京」「ビジネス交流会 名古屋」など、
参加したい地域との二語キーワードで検索すると、その地域で開催されている交流会が出てきます。

最初はどんな雰囲気か不安でしょうが、
繰り返し開催されている交流会の場合、
その交流会の名前を入れてさらに検索すれば、参加者の体験記や評価記事が出てくる場合もあります。

(例えば、『 「久世&あいカフェ」の評価と気を付けるべき点 』のような記事が、カフェ会、交流会によっては、出てきます)


<交流会で話す内容3つのポイント>


CIMG0476-1.jpg

交流会で話す時のポイントは、大きく分けて3つあります。

①話し上手より聞き上手になる

正直なところ、これがいちばん重要なポイントと言っていいかもしれません。
自分のビジネスを売り込もうとガツガツしてしまうと、他の参加者に警戒され、うまくいきません。

話の聞き方のポイントは、オーバーリアクションで褒め言葉を発することです。
例えば、
「○○さん、すごい事やってますね」
と大きな声で言ってみるのです。

次に、自分のビジネスの話をして、その人が同じようにオーバーリアクションしてくれればしめたもの。
あなたは、他の参加者から「注目の人」になります。

仮に、そのような返しがなかったとしても、オーバーリアクションした事自体で、他の参加者から注目されます。
他の参加者は、意外と、オーバーリアクションした人の方を記憶しています。
ですから、褒め言葉のオーバーリアクションは、それ自体に意味があります。


②交流会の主催者と仲良くなる

CIMG0482-2.jpg

交流会の主催者は、参加者に関する多くの情報を持っていたり、
主催者自身が、ビジネスを盛り上げるための情報を求めている場合が、けっこうあります。

交流会の主催者に、例えば、
・起業したい人
・売り上げが思うように伸びず、どうしたらいいか悩んでいる人
などがいないか、聞いてみるのです。

その日の参加者の中に、当てはまる人がいる場合、交流会の主催者が付き合わせてくれる事もあります。

※主催者と会場提供者が異なる場合

例えば私が参加した、概ね月1~2回開催の、「東京1000ベロ会」は、
・主催者は、フレラモOrionと言うアイドルユニットの運営会社
・会場提供者は、東京・御徒町にある健康カフェ

と言った具合に、主催者と会場提供者が異なっています。
このような場合、主催者だけでなく、会場提供者と仲良くなっておくことも、人脈、情報交換において、大きなメリットがあります。
個人営業の会場の場合に、特にその傾向が強いです。
 

続きを読む

2018/06/24

ワールドベンチャーズの報酬がストップ!心配はまったく不要です!

2018年6月15日にeウォレットに入金された、ワールドベンチャーズの報酬が、
1週間以上たった、6月24日時点でも、
eウォレットからプリペイドカードへの移転が止まったままで、日本円で引き出せません。
 
しかし、これを理由にワールドベンチャーズが詐欺とか危険と騒ぐ必要は、まったくありません。
その理由を、これから説明します。


<アメリカ人サラリーマンは、働き方がアバウト>


eウォレット

小見出しに書いたとおり、アメリカ人のはたらき方は、結構アバウトです。

私がかつて勤めていた会社でも、アメリカとの直接やり取りがありましたが、
納品の1週間のずれはザラでしたし、
製造会社、運送会社、それぞれのアバウトさを重ねると、
注文した商品が、予定より1ヶ月遅れて届いた時もありました。

こういうアバウトさのある国なので、
ワールドベンチャーズの報酬移転が1週間や、場合によっては1ヶ月、ストップしたとしても、
何も驚くことはありません。

世界的にみれば、日本人のきまじめさや几帳面さの方が、
むしろ規格外です。

ネットビジネスで海外案件を扱うと、日本人と外国人の意識のちがいに困惑することもありますが、
それは、単に意識のちがいの問題であり、
それを理由に、詐欺とか危険のレッテル張りするのは、まちがっています。

(ただし、こういうアバウトさを受け入れられないのであれば、海外との取引はしない方が精神衛生上、無難です)

(2018年7月14日、追記)

6月15日発生の報酬の他、7月6日発生の報酬も、報酬移転が止まっていましたが、本日、
7月6日発生分は、プリペイドカードへの移転が完了しました。

単に移転が遅れていただけの話と言うのは、これではっきりしましたが、
後から発生した報酬を先に移転させるあたり、アバウトなアメリカ人ならではですね。


<中国での不正出金問題が影響か?>


WVカード表 WVカード裏

ワールドベンチャーズをめぐっては、2017年秋に、
中国国内で、不正な出金が発生し、
ワールドベンチャーズ側が一時的に支払いを止めるできごとがありました。

この問題が、今回のeウォレットからプリペイドカードへの送金の遅れの原因かと言うと、
既に送金が終わった人もおり、
今回の送金遅れの原因ではないようです。

もちろん、再び中国問題で送金がストップする可能性は、ゼロとは言い切れません。

現在、日本人がワールドベンチャーズに登録する場合、
香港の代行業者を通じての登録(登録地は香港)になるため、

中国で問題が起き、国レベルでワールドベンチャーズからの送金手続きが停止した場合、
影響を受けることが避けられません。

しかし、この問題が原因で、送金が永久に停止することは考えられませんし、
報酬自体は、ワールドベンチャーズのルールに従って、正常に発生していますので、
通常通り、ワールドベンチャーズの会員募集を続けて、特に問題はありません。


それでも、
そういうカントリーリスクのあるビジネスを実施したり、続けることに、
不安は出てくるかもしれません。

でも、このピンチは、逆に大きなチャンスになります。
理由とチャンスに変える方法を、説明します。
 

続きを読む

2018/06/19

ネットビジネス商材をリアル対面で買ってはいけない理由

あなたは、もしかしたら、ネットビジネス商材を買う時、
ネットだけで決済まで済ませるよりも、
実際に売り手と直接会った方が安心できる、と思っているかもしれません。

しかし、あなたが本気でネットビジネスで稼いでいこうとするのであれば、
情報商材は、決してリアル対面で買ってはいけないのです。


それは、1つの小さな理由と、もう1つの大きな理由があるからです。


<リアル対面での販売は、詐欺商材が多い>


理由の1つは、わざわざリアル対面して販売する人は、稼げない商材やコンテンツ(アフィリエイトコンサル)を
押し付けてくることが多いからです。

ネットだけだと不安だが、直接会うから安心、と言うあなたの気持ちにつけ込んで、
質の悪い、稼げない商品を売ってきたり、
稼げないノウハウを対面であなたに教えたりするのです。

実際に私もある「カフェ会」で、35万円でビジネスコンサルに教わった内容がありますが、
全く成果があがらず、

あとで、本当に稼いでいる人から、
「それはビジネスとは無関係のただの友達集めだ」と、
そのノウハウを完膚なきまでに否定されたことがありました。

もちろん、ネットビジネスの商材やノウハウを対面販売する人が、すべて詐欺師と言うわけではありません。
しかしリアル対面したことで、断りにくい雰囲気を作って、
本当は買いたくもない商品を買わされるリスクは、リアル対面ならではのリスクです。


ところが、これは、小さな理由にすぎません。
ネットビジネスの商材やノウハウをリアル対面で買ってはいけない、
もっと大きな理由が、他にあるのです。


<リアル対面で買った人は、リアル対面でしか売れない>


あなたが「リアル対面だから安心して商材買えた」
「アフィリエイトのノウハウを安心して教えてもらえた」
と思った場合、

あなたは、ネットビジネスのコンテンツを、
心のどこかで
「ネットだけで売るのって、半分騙し売りだよな」
と思いながら、ネットビジネスを進めることになります。

そんな中途半端な気持ちでは、あなたのコンテンツを誰も買ってくれません。
あなたが「ネットだけで買えない」と思っているなら、
あなたのサイトも「ネットだけでは買えない」と
サイト閲覧者に思われる内容に、知らず知らずのうちになっています。


あなたがネットだけで買ってもらいたいのであれば、
あなた自身も、ネットだけで買って、満足した実績がなければ、
説得力を持たせることができないのです。


それでも、ネットで集客して、リアルで売ればいいだろう、と、
あなたは、まだ思っていることでしょう。

しかし、ネットビジネスの商材やコンテンツをリアル対面で売ることには、もっと根本的に問題があるのです。


<リアル対面販売は、ネットビジネスを始めたい見込み客への背信行為>


あなたは違ったのかもしれませんが、
ネットビジネスを始める人の多くは、
ネットだけでできる手軽さを、ネットビジネスの魅力の1つとしてとらえています。


ネットだけだから、会社が忙しくてもできるし、
東北のへんぴな土地に住んでいる人でも、ビジネスができる。

東京でリアル対面してビジネスを教えます、と言うスタイルは、
ネットビジネスがもつ気楽さ、手軽さを、完全に奪ってしまいます。


それは、気軽に副業感覚でネットビジネスを始めたい、と言う見込み客の気持ちに対する背信行為に他なりません。

あなたが、あなた自身の稼ぎよりも、
あなたの商品、コンテンツ、あなたがアフィリエイトした商品を買ってくれた見込み客の満足を第一に考えるのであれば、

あなたは決してリアル対面で商品を販売してはならず、
リアル対面で売らずにネットだけで売るのであれば、
リアル対面で買わず、ネットだけで買って満足した実績があなた自身に必要なのです。

 

続きを読む

2018/06/13

不登校の原因は学校教育にあり!子供時代不登校だった人が選ぶべき人生とは!

子供の不登校の原因って何だと思いますか?

理由はいろいろありますが、総じて言えるのは、
学校教育や学校生活になじめない、性格的に日本の学校システムを受け付けない。
ここに原因があります。

この記事で書くのは、そのような学校になじめなかった子供が、大人になってから選ぶべき人生、
反対に、絶対に選んではいけない人生の話です。

その前に、日本の学校教育の本質について、少しふれておきます。

<学校はサラリーマン養成所>


ちょうど1年前の記事「子供の頃学校に馴染めなかった人はサラリーマンを辞めるべき!」でも触れましたが、
日本の学校教育は、従業員、サラリーマンを養成するシステムになっています。

だからこそ、個性を認めようといいながら、実際は個人を集団の枠にはめ込もうとしますし、
我慢や忍耐を美徳とする教育が行われるのです。

反対に、金融やビジネスなど、起業・オーナーになる人向けの教育は、公立学校では一切行われません。
これらの知識があると、従業員として我慢できなければ起業してしまいますが、それはよくないと考えているのです。

<従業員ではなく、起業家・オーナーになれ>


この学校教育の本質が見えてくると、
学校教育や学校生活になじめなかった人が、
何に馴染めず、将来何になればいいのか、の選択肢もおのずと見えてきます。

絶対に選んではいけないのが、サラリーマンなど、雇用されて給料をもらう働き方です。

学校教育がサラリーマンを養成するためのものであり、その学校教育になじめず不登校になったわけですから、
サラリーマン人生など、絶対に適応できるはずがないのです。

反対に、学校が決して教えようとしない、
金融・ビジネスの道であれば、チャンスが広がります。

特にビジネスは、今の時代、ネット起業が誰でも簡単にできます。
この、他人が決めた価値観にしばられない、自分の趣くままの時間とお金の使い方ができる、
個人起業こそが、不登校だったあなたが選ぶべき道です。

 

続きを読む

2018/06/12

「旅するカフカ」報酬を日本円で受け取ってみた

「旅するカフカ」と言うネットビジネス
(詳しい内容は、
「旅するカフカ」は怪しいビジネスなのか?評判とそれに対する見方まとめ
を見てください)
で、得られた報酬を引き出してみました。

これから書く話は、「旅するカフカ」のレビュー記事を見ても書かれていないが、
実際に「旅するカフカ」のビジネスを始める上では、きわめて重要な話です。
必ず最後までお読みください。

<なぜ、「旅するカフカ」の報酬受け取りが問題になるのか>


そもそも、なぜ「旅するカフカ」の報酬受け取りの問題が出てくるのか。

ネットビジネスの世界では、勧誘LPで記載した報酬を、何かと理由をつけて支払わない悪徳業者が結構いるので、
「旅するカフカ」がそういうビジネスでない事の確認の意味もありますが、
もう1つ、別の意味があります。

それは、
1、「旅するカフカ」のビジネスが、WV社と言う、アメリカ大手旅行会社のネットMLMで、
 支払いがすべてUSドル建てになること
2、アメリカ口座で受け取ったUSドルを、日本円にして日本に持ち込む必要があること


この問題が出てくることです。

つまり、いくらWV社がきちんとUSドルで報酬を支払っても、
日本にいる「旅するカフカ」参加者が日本円でその報酬を受け取れないようであれば、
ビジネスをする意味がなくなってしまいます。

<日本円での報酬の受け取り方法>


eウォレット

結論から言うと、日本円で「旅するカフカ」の報酬を引き出すことは、できました。
これで、「旅するカフカ」が、詐欺でない、きちんとしたビジネスであることは確定です。

では、どうやってお金を引き出したのか?
WV社からの報酬は、「eウォレット」と言うサイトに、一旦振り込まれます。
このeウォレットから出金すればよいのです。

方法は、大きく分けて、
・日本国内の自分の銀行口座に国際送金する
・eウォレットのフォームからVISAのプリペイドカードを発行してもらい、ATMで引き出す


の2通りです。
毎週10万円以上の報酬が振り込まれるようになれば、ある程度まとまった額を国際送金した方がいいですが、
最初のうちは、報酬金額が少なく、報酬対象となる成果もまばらなので、
プリペイドカードを作成して出金する方が、手数料が安くすみます。


WVカード表 WVカード裏

このようなプリペイドカードが送られてきますが、注意したいのは、
このカードは、アメリカのカードと言うことです。
このプリペイドカードを使ってお金を引き出せるのは、日本を訪れたアメリカ人が、日本国内で日本円の現金を引き出せる場所と同じ、となります。

実際の現金引き出しを、次の3か所でやってみました。

①ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行でも引き出せると「旅するカフカ」のサイトや、訪日アメリカ人向けのサイトには書かれているのですが、
「このカードは使えません」と言うエラーメッセージが出てしまいました。
どうも、アメリカ発行のVISAは、現在、ゆうちょ銀行には対応していないようです。

②セブン銀行

全国のセブンイレブンのATMで使えます。
(使い方は、How to use the ATM(英語サイト)を参照)

セブン銀行では、1回の引き出しが、
・1万円(1000円札×10枚)
・1万円(1万円札×1枚)
・2万円(1万円札×2枚)
・3万円(1万円札×3枚)
の4通りしか、選ぶことが出来ません。

「旅するカフカ」で1人紹介した時の受け取り報酬は50ドルで、そこから手数料もろもろを差し引くと、
最初の1人分は、36ドルほどしか受け取れません。
(2人目以降は、44ドルほど受け取れます)
これだと、1万円に満たないので、もっと紹介者を増やさないと、セブン銀行では引き出せません。

③イオン銀行

全国各地のイオンやミニストップのATMで使えます。
(使い方は、How to use the ATM(英語サイト)を参照)

イオン銀行は、硬貨は使えませんが、引き出し額は1000円単位で自由に選べます。
(一部の大型イオンモールにある、イオン銀行店舗内のATMでは、硬貨の出金もできます)

カード内の残高から、アメリカ国外ATM使用料である4.5ドルと、
為替手数料(出金額の3%)を差し引いた金額(硬貨が使えないATMでは、1000円未満は切り捨て)が、
引き出せる限度額です。

ドル円の換金レートは、その日の相場環境にもよりますが、
YAHOO!ファイナンスなどに出てくるドル円レートよりも、数十銭~1円程度、円高のレートで換金しているようです。
(例:現在1ドル=110円とすると、カード引き出し時の換金レートは、1ドル=109円~109円50銭くらいになる)
 

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
・自分が行っているビジネスの紹介
・ビジネスをする上で気を付けたいこと
・日常生活での気付き
 
など、随時アップしていきます。
 
連絡先・おすすめもチェックしてみてください。