FC2ブログ
2018/09/18

「ネットビジネス辞めました」を信用してはならない理由

ネットビジネスのメンターや商材、ビジネスグループの名前で検索すると、
さまざまな記事が表示され、
中には「○○、辞めました!」
と言うタイトルの記事もあります。
 
しかし、ビジネス辞めた人が挙げる「辞めた理由」は、
安易に信用したり、参考にしてはならない
のです。

その理由を、これから説明します。


<人は感情で判断し、後から理由付けする>


人は、感情でものごとを判断し、
その感情を正当化するために、後付けで理由を考えます。

まさにこの部分に、辞めた人の「辞めた理由」を信用してはならない理由があります。

つまり、ビジネス辞めた人は、
「辞めたい」と言う
感情が先にあって、そのビジネスを辞めています。

そして、辞める理由は、感情を正当化するための後付けです。

後付けの理由なので、
いっけん最もらしく思えても、
よくよく精査すると、
事実誤認や、まちがった情報に基づいて判断した部分も、多く含まれています。

中には、ビジネスとして始めたのに、お客さんマインドの考えをしている、
こんな場合もあります。

ですから、「○○、辞めました!」と書いている人が、
辞めた理由として挙げているものは、
その人が「辞めたい」感情を正当化させた理由であって、
精査すれば、ビジネスに関して間違った認識を持っている場合が多いのです。

勘違いしてほしくないのが、
私は、ビジネス辞めた人を非難しているわけではない、と言うことです。

その人の中で、ビジネスを辞めなければならないと考える何かがあった。
それを否定するつもりはありません。

しかし、辞める理由は、その人の中だけで通用するものです。

ブログを読んだあなたは、
その人が辞めた理由が、客観的に見ても、本当に正しいものか、
二次情報ではなく、オリジナルの情報で判断するようにしてください。


(参考記事:「詐欺被害に遭わないため、オリジナルの情報で判断を習慣にしよう」)

まちがっても、辞めた人の辞めた理由を、
あなたが、そのビジネスをやらない理由として判断しないようにしてください。



<ビジネスを始める時も、人は感情で判断する>


なお、人は、常に感情が先行し、後付けで理由を考えます。

ビジネスを辞める時だけでなく、
ビジネスを始める時も、

「始めたい」感情が先にあって、
後から始める理由を考えます。

あなたに、今、必要なのは、
「今すぐ、このビジネス始めたい」と感じる、感情です。

 
スポンサーサイト

続きを読む

2018/09/14

中村俊輔選手にフリーキックを教えられますか?

突然ですが、あなたに質問です。

あなたは、中村俊輔選手に、フリーキックを教えられますか?
もし仮に、サッカーの本、ボールの蹴り方の本で知識を学んだとして、

中村俊輔選手に、
「もう少し助走の歩幅を短くした方がいい」
などと、教えられますか?

中村俊輔7

教えられませんよね。

あなたがいくら知識を身に付けたとしても、

実践でボールを何万回も触っている中村俊輔選手の方が、
体感として、よほどボールの扱い方を分かっています。

そもそも、ピッチの中の中村俊輔選手が、
同じくピッチの中にいる人、

例えば、名波浩監督の指導は聞いても、
外野のあなたの、指導にもならない「指導」などに耳を貸すはずがありません。

名波浩2

そんな事、当たり前、常識に決まってるじゃないか、
と思われたかもしれません。

ところが、サッカーではこの常識が通用しても、

ネットビジネスの話になると、
この常識が分からない、理解できない人がけっこういるのです。

自分の方が正しいと言わんばかりに

「あのビジネスは違法だ」
「あんなビジネス、やっても稼げるはずがない、詐欺だ」

と、実際にやっている人の意見も聞かずに、
声高に叫んで、
叫ぶだけならまだしも、
実際にやっている人を引きずり落とそうとする人が、本当に多いのです。

サッカーと同じで、ネットビジネスも、
あなたがまだやっていないビジネスであれば、
 
既にそのビジネスを始めている人に対して、
自分の方が正しいと言う態度を取るべきでないのです。

反対に、あなたが既にビジネスを始めているのであれば、
あなたは、そのビジネスに関しては「ピッチの中の人」です。
外野の批判などに耳を傾ける必要はありません。

ビジネスの評価を書いたブログ記事を検索する場合も、
実際にやった人の書いた記事だけを参考にすればよいのです。

何も行動していない、外野の意見など、参考にする価値もありません。
外野の批判に惑わされて、
チャンスを逃すことのないようにしましょう。

そして、あなた自身が「うるさい外野」になって、
自分の評価を落とさないようにしましょう。
 

続きを読む

2018/09/13

A8(エーハチ)アフィリエイトの難しさと2つの解決方法

本日(2018年9月13日)、A8より、
9月18日で、メガネのJINSのアフィリエイトが終了になる、と言う通知がきました。

「目・視力・メガネ・コンタクト」は、
このブログでも1つのカテゴリーになってますし、物販系ブログでも取り扱っているので、
バナーの取り外しと、代わりの提携先を見付けてバナーを貼る作業をしました。

その時思ったのですが、
誰でも知ってるようなブランドは、アフィリエイトの募集をしていない、と言うことです。

メガネでも、コンタクトレンズでも、
アフィリエイトして下さい、と募集をかけているのは、
あまりなじみのないブランドか、社名は有名でも、取り扱っている商品が意外なものか、
そのどちらかです。

誰でも知ってる会社なら、バナーを貼れば、ある程度の購入は見込めるでしょう。
しかし、誰でも買うようなブランドは、わざわざアフィリエイトで広めてもらう必要がありません。

(今回、JINSがアフィリエイトを終了したのも、その関係と思われます)

つまり、A8の物販アフィリエイトで稼ごうと思ったら、
「稼がせ体験」
(詳しくは、 この記事 を参照)
を別にすれば、

あまり名前の聞かないブランドの商品を、あえて買ってもらわなければ報酬は発生しない、と言うことです。

ここに、A8物販アフィリエイトの難しさがあります。

・なじみのないブランド
・なじみのない商品

これらを買ってもらわなければ、報酬につながらないのです。
では、どうすれば、買ってもらえるでしょうか?





<解決方法①:商品の宣伝はしない>


なじみのないブランドを買ってもらうには、
商品の宣伝が必要と思うかもしれませんが、

むしろ、その反対で、商品の宣伝は一切しない方がいいです。

それよりも、例えば高価なメガネのアフィリエイトであれば、

・メガネは常に人に見られている
・安っぽいメガネをかけていると、安っぽい人と思われる
・高級メガネをかける事であなた自身をT-upでき、ビジネスのクロージングで成約しやすくなる

など、チェーン店の安いメガネではなく、高価なメガネをかける
・必要性
・効果、メリット

について説得する記事を書いた方が、買ってもらいやすくなります。

ここで、例文3番目の「ビジネスのクロージング」と言う部分が、
対面セールスをしている人にターゲットを限定、
しかも「高級メガネ」で、ある程度高価なものを対面セールスで販売する人、
にターゲットを限定してますが、

ターゲットは限定すればするほど、メッセージ性が強くなります。
漠然と「誰にでも」で売り込んでも、読者は自分に向けたメッセージと判断しません。
なので、ターゲットは、できるだけ絞り込んで書いた方がいいです。
 

続きを読む

2018/09/10

起業して会社員を辞めたら、二度と会社員には戻れない!?

ネットビジネス、個人事業主、会社設立、
どの形でもいいのですが、
 
いったん起業して会社員を辞めたら、
二度と会社員には戻れない。
 
会社が、よほど人手が不足しない限り、失敗した起業家を雇わない、
と言うのもありますが、

それ以上に、
起業家側の、再び雇われての労働を拒絶するエネルギーが、
そこまで強いものか、
と感じるできごとが、最近、起きました。

倒産1


<労働よりも無銭乗車を選択した元社長>


実態が個人事業主、社員1人の法人、誰かを雇っていた、
どれかは分かりませんが、

かつて「社長」と呼ばれていたその人は、最近、久しぶりに会った時は、
明らかに覇気がなく、疲れ切っていました。

関係筋から聞いた話では、この人は少し前に、
無銭乗車して警察に連れて行かれそうになった事があったそうです。

駅の事務所で、携帯電話に入っていた知人の番号に電話をかけ、
その知人が駅員や警察と渡り合い、運賃を支払ったことで、
何とか逮捕を免れたそうです。

この話のポイントは、
電車賃すら払えない状況に追い込まれても、

働いて(当然、雇用されての労働だ)お金を得ることよりも、
お金を出さないで済む方法を選択した、
それも、犯罪でバレたら警察に捕まる方法を選んだ
ところにあります。

この元社長は、そこまでしてでも、
雇用されての労働だけは断固拒否
したのです。

そんな事言っても、たまたま、この元社長が、
(軽犯罪と言え)犯罪を犯してでも、再び雇われて働くのを拒んだだけだろう、
と思われたかもしれません。

しかし、いったん起業して、自由な生活と、
不労所得に近い形の収入の世界を味わってしまったら、
二度と労働には戻れない、と言うのは、人間の一般的な心理
です。

恐らく、本能的に、そうなってしまうのでしょう。
今から、その例を紹介します。


<ナウルの悲劇:不労所得を手にした国民の行く末>


ナウルの位置 ナウル1

南太平洋に、ナウルと言う、本当に小さな島国があります。
この国は、島全体がリン鉱石でできていて、

かつては、外国人労働者にリン鉱石の採掘と出荷の仕事をさせ、
ナウル人は、その巨万の富による不労所得で、
いっさい働かずに家も車もお金も自由も得ていました。

しかし、リン鉱石が枯渇すると、状況は一変します。
ナウル人は、リン鉱石が発見される以前の労働の生活に戻る、
とはしませんでした。

彼らがとった行動は、国家レベルでマネーロンダリングの巣窟となり、
汚い金で荒稼ぎすること。
それができなくなると、テロリストにパスポートを濫発して、裏金を稼ぐ。
その次は、経済援助で外国から少しでもお金を引き出し……。

要するに、ナウル人は、国家レベルで犯罪に手を染めてでも、
労働を拒否
したのです。

ここでポイントは、ナウルが国家レベルで
マネーロンダリングやテロリストの片棒を担いだ理由です。

もし仮に、ナウル人の大半が、
リン鉱石が枯渇して不労所得が続かなくなった時、
これからは労働で稼ごう、と考えていれば、
このような事にならなかったはずです。

つまり、人と言うのは、
不労所得やそれに近い形の収入と、
自由な時間を、いちど手に入れたら、
犯罪に手を染めてでも、その自由を手放そうとしない
のです。

これは、雇われての労働収入が当たり前の人からは想像つかないかもしれませんが、
不労所得を手にした人にとっては、当たり前と言ってもいい考え方なのです。
 

続きを読む

2018/09/08

MLMを否定して、職務放棄するビジネスコンサル

MLMをやっている人の多くがビジネスを知らない、だから稼げない。

あるビジネスコンサルが、堂々とYouTube内でこんな発言してましたが、
逆に、ビジネスコンサルの多くは、MLMの本質を理解していないようです。

本題に入る前に、

<MLMは稼げないと言われる理由>


から説明します。

ここでは、アフィリエイトとMLMを比較します。

それぞれの収入体系は、

・アフィリエイト
 商品購入による収入のみ

・MLM
 紹介(商品購入に相当)による収入+組織からの権利収入

となってます。
ここで「稼げる」の定義がポイントです。

「アフィリエイトで稼げる」とは、
単純に、誰かが商品を購入して報酬が入ることを「稼げる」と言います。

一方、「MLMで稼げる」とは、
紹介を出した時のアフィリエイト型の報酬が入っても、稼いだと言われません。
仕組みからの権利収入が入って、初めて「稼げる」と言います。

要するに、MLMは「稼げる」と認められる基準、ハードルが高いのです。
他のビジネスなら「稼いだ」と言われる状態が、MLMでは「稼いでいない」と言われてしまうのです。

これが、「MLMは稼げない」の内情です。


<MLMで稼がせるのが、あなたの仕事でしょ!?>


それでは本題です。
今まで書いた話は、世間の一般的なイメージを言葉で表しただけです。

それにも関わらず、ビジネスコンサルがこのような話をしているのを、聞いた事がありません。
こんなことも多くのビジネスコンサルは知らない、理解していないのです。

いや、理解する気がないのです。
なぜでしょう。

基本的に、ビジネスコンサルはMLMを認めたくない傾向があります。
自分たちが有料で教えているのと同じような内容を、
MLMグループによっては、グループ内に無償で提供しているため、
心のどこかで、人がMLMに流れるのを恐れているためだと思います。

ただ、冒頭で触れたビジネスコンサルの言ってる事が事実なら
(と言うより、事実です)

「MLMやってるけど稼げません」と相談に来た人に対して、
ビジネスを教えて、MLMで稼げるようにするのが、
コンサルとしての役目
のはずです。

にも関わらず、このビジネスコンサルは、
稼ぐ目的ならMLMはやめた方がいい、と言い放っているのです。

これはもはや、職務放棄と言わざるを得ません。

MLMでも、アフィリエイトでも、物販でも、コンサル業でも、
ビジネスの基本は同じです。

まして、コンサルで稼いでいる教え子がいるなら、
MLMで稼がせることだって、できるはずです。

結局、
「私たちが何十万円ももらって教えている情報をMLMは無償で教えている」
「MLMに人が流れたら、私たちの仕事はなくなってしまう」
「だから、MLMは認めないようにしよう、否定しよう」

このような恐れの意識が根底にあるため、
職務放棄してでも、MLMで稼がせたくない
のだと思います。
 

続きを読む

2018/09/06

リスクゼロなんてただの幻想!「何もしないリスク」を忘れるな!

いきなりですが、この記事を読まなかった場合、あなたは、
「記事を読まなかったリスク」に、さらされます。


驚きましたか? でも、これは事実なので、
なぜそのようなリスクがあるのか、これから説明していきます。


人は、とにかくリスクを恐れ、リスクを避けようと言う性質があるため、
「リスクゼロ」
「リスクのない」

と言うことばを魅力的に感じます。

しかし、本当の意味での、文字通りの「リスクゼロ」なんて、
この世界のどこにも存在しません。

なぜなら、何か変化や行動を起こせば、リスクがあるのは当然ですが、
何もせず現状維持を続けた場合にも、

「現状維持を続けるリスク」
「何もしないリスク」


があるからです。

例えば、最近、全国各地で大きな地震が発生していますが、
地震対策で家具を固定しようとすれば、
金具ではなく手をハンマーでたたいてケガするリスクがありますし、
姿勢を崩して台から転落するリスクもあります。

一方で、これらリスクを避けようとして何もしなければ、
地震が起きた時に家具の下敷きになって死亡するリスクがありますし、

自分でやらずに業者に頼んだ場合も、
その業者が手抜きをするリスクや、
お金を余分に使うことで、給料日前にお金が不足するリスクがあります。


<ビジネスの世界にも「何もしないリスク」がある>


最近、ネットビジネスや副業がさかんに言われてますが、
この世界にも、「何もしないリスク」が、ちゃんとあります。

行動すれば、詐欺師に騙されるリスクや、
お金をつぎこんでも、結局稼げずに終わるリスクが、確かにあります。

しかしその一方で、行動しなければ、
リストラや倒産で失業した時に収入がゼロになるリスクがありますし、
事故や病気で今の仕事を続けられなくなるリスクだってあります。

転勤のある会社に勤め続ければ、
転勤で家族がバラバラになるリスク、
それにより、夫婦や親子関係が悪化するリスク

も、考えられます。

さらに、ネットビジネスの世界を直視しなかった場合、


<時代の変化に取り残されるリスク>


も、出てきます。

なぜなら、ネットビジネスの広告サイトや、
無償提供されるフロントエンドの動画には、
これからの時代に起こり得ることが、凝縮されており、
これらを見るだけでも、時代の変化や、自分の意識が取り残されてないか、確認できる
からです。

広告サイトを最後まで見る。
無料の動画を最後まで見る。


たったこれだけの行動で、このリスクは回避できます。

最後に、
 

続きを読む

2018/09/06

ネットビジネスでも当てはまる「地位は人を変える」

地位は人を変える
立場が人を変える


これは、ネットビジネスにも当てはまります。

ビジネスがどうもうまくいかない。
そんな時は、なりふり構わず、
いきなり、「人にビジネスを教える」ことだけを
やってみてください。

 
なぜかと言うと、
「地位は人を変える」と言うことばがあり、
教える立場になることで、
自分が成長できるからです。
 
と言っても、大勢の人前で話すのは苦手かもしれません。
実際、私も、そうです(汗)
 
このような場合、ある方法を使えば、
そこまで負担がかからずに済みます。
 
それは、オンラインのネットワークビジネスに参加する事です。
 
オンラインのネットワークビジネスでは、
あなたは、まず、アフィリエイトをします。
 
成約すれば、その人は、あなたのダウンになります。
このダウンさん1人だけに、
オンラインでビジネスを教えるだけでいい
ので、
セミナー開催の負担を考えれば、
本当に気楽です。
 
ネットワークビジネスでも、
グループ運営あるでしょ、と思われるでしょうが、
そんなの、あなたがやるのは、ずっと先の話です。
 
その頃には経験値も上がっているでしょうし、
今から気にすることではありません。
 
ですから、まず、グループに参加すること、
それだけを考え、行動に移せばよいのです。
 

続きを読む

2018/09/04

ビジネス勧誘の成約率を上げるコツ

自分が主催するセミナーやコーチングであれ、
ネットワークビジネス(MLM)であれ、
アフィリエイトであれ、
 
ビジネスとは、基本的に営業であり、
営業とは、他人を勧誘する活動です。

ビジネス勧誘の成約率を上げるには、以下の点を気を付けると、成果が全くちがってきます。


<話すより、聞く>


人と言うのは、基本的に、
話したがるが、聞きたがらない、と言う性質があります。

自分の話はしたがるが、人の話は聞きたがらない。

営業では、聞く側に回ることで、話し手である客が満足感を得やすくなります。
8割くらいは、相手の話を聞くようにした方がいいです。
ただし、ネガティブや批判的なトークを発してきた時は、
ポジティブな方向に話題を変えましょうね。

ポジティブな時しか、人はものを買わないので。


<自分と同じ好みの人だけにフォーカスしない>


ペルソナ設定で、自分をターゲットにすると、非常にやりやすいのですが、
人は、それぞれ好みや価値観が違います。

自分と同じ好みや価値観の人だけをターゲットにしても、あまり売れないでしょう。

例えば、相手の人は、月収50万円を求めているのでしょうか?
月収300万円を求めているのでしょうか?
それとも、お金は二の次で、自由な時間や自己成長の方を重視しているのでしょうか?

相手の目標を聞き出し、それに合わせた話をしなければなりません。


<本格的に話をする前に、3つの重要な点を聞き出す>


ビジネスの話をする前に、
以下の3点を、聞き出します。

①あなたは今、どんな仕事をしていますか?
②今の仕事で、一番好きな事、満足している事は何ですか? 他に、好きな点は?
今の仕事で、嫌いな事や不満な事は何ですか? 他に、不満は?


特に、3番目の質問が、重要です。

人は、痛みを避ける性質があるので、
その痛みを解決する方法を提示してあげることで、成約率が飛躍的に高まります。


人の痛みは、予測できるものではありません。
必ず、この点は、聞き出しておきましょう。


<こんなビジネスの紹介の仕方はNG!>


次は反対に、こんなビジネスの紹介の仕方をしてはいけない、例を示します。
実際には、この「いけない例」をやっている人がほとんどです。

・このビジネスを始めるといくら稼げる
・報酬の仕組みを詳しく話す

具体的なビジネスの話をする人が非常に多いですが、
はっきり言って、聞き手にとって、どんなビジネスであるかは、大して興味ありません。

それよりも、
・このビジネス始めれば、好きなアイドルを海外まで追っかけできるようになるだろうか?
・FXのような稼ぐためにいつも相場の動きにハラハラする苦痛から解放されるだろうか?
・マルチの人と言われないでMLMできるだろうか?


もっと言えば、
・会社を辞めることできるだろうか?
・寝たい時に寝られるだろうか?
・カードローンをゼロにできるだろうか?


聞き手にとって、興味があるのは、このような話です。

これら聞き手の悩みや目的を聞き出し、それが叶えられることを伝えるのが、
ビジネストークの鉄則です。

成功するには、聞き手が重要と考えている点だけにフォーカスして、
クロージングしてください。


ただし、ウソはダメです。
できない事は、正直にできないと伝えてください。
 

続きを読む

2018/09/03

ビジネス成功の秘訣:リーダーシップ5つのポイント

ネットビジネスに限った話でありませんが、
ビジネスで成功する、一番のポイントは、

どれだけ多くの人に、影響を与えられるか?

です。自分が周りに与える影響力の大きさが、そのまま、
ビジネスの規模、収入につながります。

特に大事なのが、
力強く、忠実なリーダーシップ
です。

このリーダーシップは、
・稼がせ上手なビジネスコンサルになる
・ネットワークビジネス(MLM)のアップ、グループリーダーとして組織を成長させる

つまり、
・ビジネスコンサル、指導者になる人
・稼ぐ目的でネットワークビジネス(MLM)に参加する人


にとって、成功のために必要なものです。

力強く、忠実なリーダーシップを作るための、5つのポイントがあります。


<①辛抱強く継続する>


人の習慣は、すぐに変わるものではありません。

日本では、そもそもの話、従順な労働者を育てる目的で義務教育のプログラムが組まれています。
子供の頃から、労働者の価値観が刷り込まれている人たちに、
ビジネス、起業家の価値観をいきなりぶつけても、
すぐに、起業家の価値観で行動できるようにならないのが普通です。

ですから、相手の意識を少しずつ変えていくよう、辛抱強さが必要です。

また、リーダーとなるあなた自身も、失敗を恐れず、
繰り返し挑戦し続ける姿勢が必要です。


<②諦めをつけるところは、つける>


どれだけ熱心に教育しても、
あなたの方針に馴染めずに、離れていく人は、必ずいます。

「去る者追わず」で、そのような人のことはさっさと諦め、
あなたを信じてついてくる人たちに、エネルギーを集中させましょう。

去っていく者を無理に追うのは、時間とエネルギーの無駄です。


<③勇気>


言うまでもなく、挑戦する勇気、行動する勇気のことです。

あなた自身が挑戦、行動しなければ、他の人はあなたについてきません。

ここで大事なのは、まず先にコミットする、やる事を決めてしまうことです。
やる事を先に決め、やり方は後で考える。

例えば、「今月中に10万円稼ぐ」など、目標を先に決めます。
10万円稼ぐ方法は、走りながら、考えればいいのです。

目標を決めたら、未知の世界で怖いでしょうが、
そこに向かって行動する勇気が必要です。
勇気を持って行動することで、力がつき、自信になります。


<④エゴを持たない>


あなたは、コンサル生や、ダウンに対して、
エゴの気持ちで接してはいけません。

MLMでは、特にエゴの意識を出してダウンに接する人が多いので、注意が必要です。
あなたが稼ぐためにダウンを育てるのではありません。
ダウンが稼げるようにするために、ダウンを育てるのです。
その時、あなた自身の稼ぎのことは、一切、考えてはならないのです。

私自身の体験になるのですが、
日用品・サプリメントを扱う、ある会社のMLMに参加した頃、

直アップが、
「セミナーに参加しない? 成功者の話を聞かせたい
と再三連絡入れてきた時期がありました。

断りました。

この例は、直アップ自身の「聞かせたい」と言うエゴです。
このようなエゴで行動したら、ダウンはついてきません。


<⑤信頼する>


忠実なリーダーシップの中でも、もっとも重要なことです。
あなた自身が、教え子やダウンを信頼する。

信頼がないところには、何も生まれません。
あなたが相手を信頼することで、あなたも相手から信頼されます。

あなたが信頼してもらうためのポイントは、次の3つです。

・毎日、T-upしているか
・人を勇気づけているか
・(口ではなく)行動で手本を見せているか


行動で手本を見せる、が、できていない人が多いです。

人は、言葉は信用しないが、
行動は信用します。

 

続きを読む

2018/08/29

ネットビジネスの成功者を批判してはならない理由

あなたがネットビジネスで成功したいのであれば、
ビジネスで成功した人を、決して批判してはなりません。

世の中には、他人のスキャンダルを喜んだり、
すぐに成功者の陰口を叩く人が非常に多いですが、
 
成功者を批判する人は、100%成功しません。

だって、自分から批判されたい人になろうと、思わないでしょ?
成功者を批判することで、
無意識のうちに、成功者にならないようにしようと言う、

心のブロックがはたらいてしまうのです。

そもそも他人を批判すること自体、おすすめできませんが、
どうしても誰かを批判したいのであれば、

お金を持ってない人、口だけで行動しない人を批判した方が、
まだ、成功のチャンスが残ります。

お金を持ってない人は、基本的に、すべて言い訳してるだけです。
何らかの事情があるのかもしれませんが、

どんな事情を抱えていたとしても、やる人は、やっている。
やる人がやっている事をやってないから、お金がないだけです。


<大きな組織を動かしている人は批判でなく学びの対象>


(仮に二世、三世だったとしても)国会議員、
宗教団体、
大企業の経営陣。

テレビでは、これらの人が叩かれる、批判される場面が多いですが、
ビジネスで成功したいのであれば、
これらの人を批判するのでなく、学びの対象と見なさなければなりません。


なぜなら、大きな組織を動かしたことのない人が全く知らないような、
苦労や、経験を、この人たちは積んでいるわけで、

その苦労や経験は、これから成功しようとする人が、
学ばなければならない点です。

反対に、これらステータスの高い人を批判すると言うことは、
自分が、そういうステータスの高いステージに上りたくないと言ってるのと同じことです。

さらに、重要なことがあります。
それは、
 

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ